現役SE/PGが愛用するWindows10のソフト・アプリ

現役SE/PGが愛用するWindows10のソフト・アプリ ホビー系男子の仕事
現役SE/PGが愛用するWindows10のソフト・アプリ

筆者はWEB開発を生業とするSE/プログラマで、仕事ではSurface Laptop 2を愛用しています。
最近、パワポのファイルを開く際に意味不明なエラーが表示されるようになり、気分転換もかねてOS(Windows10)を初期化して自分好みの環境を作り直しました。
本記事では、現役SE/プログラマが愛用するWindows10のソフトウェアを紹介します。

Windowsを使うならこれは気をつけろ!

有料・無料の違いはあれど、Windowsで必要なソフトウェアが見つからないことはほぼないでしょう。
ちょっと探せば自分の用途にあったソフトウェアが見つかります。
ただ、この便利さは注意が必要です。

あれこれとソフトウェアをインストールしても普段使うものは限られてきますし。
インストールしたけど1度も使わず、その存在すら忘れてしまうなんてケースもあるでしょう。
当然すべてのソフトウェアが100%安全というわけではありません。

長く、安全にWindowsを使うために重要なこと

インストールするソフトウェアは本当に必要なものだけに厳選する

インストールするソフトウェアは(公式サイトなど)信頼できるサイトからダウンロードする

基本的なことではありますが、パソコンに慣れている人ほど注意が必要です。

ブラウザ

Microsoft Edge

公式サイト:https://www.microsoft.com/ja-jp/edge

Google Chrome

公式サイト:https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/

筆者はEdgeを作業用、ChromeをWEB開発用として使い分けをしてます。
用途別にブラウザを使い分けることで、大量のタブでWEBページを開いているようなケースでも目的のタブを探しやすくしています。
Blink版のEdgeはChromeと同じ拡張機能が使えるので使用感を統一できるのは大きなポイントです。

コミュニケーション

Slack

公式サイト:https://slack.com/intl/ja-jp/

Skype

公式サイト:https://www.skype.com/ja/

筆者はSlackを社内コミュニケーション用、Skypeを社外コミュニケーション用として使い分けています。
最近では様々なサービスがあり、時として先方の都合に合わせてサービスやソフトを使う必要があるのがちょっとした悩みです。

テキストエディタ

秀丸

公式サイト:https://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html

Visual Studio Code

公式サイト:https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

筆者は秀丸をちょっとしたメモ用、Visual Studio CodeをWEB開発用として使い分けています。
秀丸もVisual Studio Codeもマクロや拡張機能があり、必要に応じて簡単に機能の追加が行えるのは大きなポイントです。

開発環境

WSL Ubuntu

公式サイト:https://www.microsoft.com/ja-jp/p/ubuntu/9nblggh4msv6?activetab=pivot:overviewtab

以前はVagrantやDockerなどを利用して仮想環境を作成していましたが、最近ではWSLで十分じゃね?と考えています。
Visual Studio CodeとWSLは簡単に連携することができるのであれこれといろいろなツールに依存しないシンプルな構成が気に入っています。

おまけ(壁紙変更)

Dynamic Theme

公式サイト:https://www.microsoft.com/ja-jp/p/dynamic-theme/9nblggh1zbkw?activetab=pivot:overviewtab

壁紙を自動で切り替えてくれるアプリですが、このアプリのポイントはBingやWindows Spotlightから画像を自動取得して壁紙を更新してくれます。
筆者は壁紙にこだわりはありませんが、ふとしたときに壁紙にきれいな画像が表示されているとちょっとした気分転換になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました